ウーマシャンプー 解析

ウーマシャンプーの成分を解析してみた!!

 

愛用中のウーマシャンプーについて、その成分を私なりに調べて解析してみました。まずはウーマシャンプーに配合されている全成分をご紹介します。以下の成分表をご覧ください。

 

ウーマシャンプーの全成分

 

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、コカミドDEA、イソペンチルジオール、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンNa、ポリクオタニウム-10、クエン酸、馬油、クララエキス、センキュウエキス、トウキエキス、センブリエキス、アロエベラエキス-1、BG、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、サボンソウエキス、セージ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ホップエキス、レモン果実エキス、黒砂糖、メントール、オタネニンジンエキス、ダイズエキス、グリチルリチン酸2K、ヒノキチオール、フェノキシエタノール、エタノール

 

「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」

石油系合成界面活性剤ではありませんが、同等の脱脂力を持つ成分だと言われています。脱脂力の弱いアミノ酸系をベースとしたシャンプーに使用される事が多く、洗浄力を適度に引き上げてくれる作用がある成分だと言われています。

 

「コカミドプロピルベタイン」

天然成分を原料としたベタイン系の洗浄成分です。肌に優しくベビー用のシャンプーなどにも使用されています。

 

「ラウラミドDEA」

ラウリン酸ジエタノールアミドの表示名称で、泡立ちの安定性を向上させる作用があると言われます。また、皮膚に対する刺激を緩和する成分でもあります。

 

「コカミドDEA」

ラウラミドDEAに似ており、同じような作用がある成分です。

 

「イソペンチルジオール」

保湿、抗菌作用があると言われ、化粧品に良く使用される成分です。保湿剤としても使用されています。

 

「ラウロイルメチルアラニンNa」

低刺激であり非常に安全性の高いアミノ酸系の成分です。アミノ酸系成分の中でも高価な成分として知られています。

 

「ココイルメチルタウリンNa」

アミノ酸系の成分に似ているためアミノ酸洗浄剤に分類されている成分です。上記ラウロイルメチルアラニンNaと同じく高価な成分として知られています。

 

「ココイルグルタミン酸TEA」

ヤシ油由来のアミノ酸系の成分です。肌に必要な成分を残しながら洗浄が出来る成分で、アミノ酸系の中では古い部類に入る成分です。

 

「ココイルアラニンNa」

ヤシ油由来のアミノ酸系の成分です。上記と同じく滑らかな洗浄力が特徴です。

 

「ポリクオタニウム-10」

髪の潤滑剤として使用される事が多い成分です。特に刺激性などはなく安全な成分です。

 

「ヒノキチオール」

皮膚などの人体への悪影響はなく、抗菌作用があるという事で化粧品にも多く使用されている成分です。

 

「フェノキシエタノール」

化粧品の防腐剤として使用される事が多く、緑茶など天然の成分であり毒性が弱い事で知られています。

 

私の感想

植物エキス系などを除いた成分を調べてみました。ウーマシャンプーと言えども、全てが全て100%安全だという成分ばかりではないようです。例えばオレフィン(C14-16)スルホン酸Naなどは石油系ではないが洗浄力が強いという意見もあります。また、フェノキシエタノールは防腐剤としてパラベンと比較される事が多く、毒性が弱いという意見もある反面、それでも肌への負担が大きいという意見もあります。

 

全体のバランスとしてウーマシャンプーは比率が取れた低刺激シャンプーだと言われていますし、私自身は使っていてとても良い頭皮状態を維持できています。今回、一つ一つ調べてみて100%安全とはいえないことが分かりましたが、相対的に見て私はウーマシャンプーを支持していこうと思います。