石油系合成界面活性剤の危険性を知ろう

石油系合成界面活性剤の危険性を知ろう

 

市販されているシャンプーの多くに使われている成分。それが石油系合成界面活性剤です。

 

これらは少量でかなりの洗浄力を持たせる事が出来るため、製造において経済的な成分として重宝されています。メーカー側からすれば、コストが少ないものを使いたいですよね?

 

ただ、この石油系の成分が危険視されているのも事実です。皮膚障害を起こしたり、体内に蓄積されて人体への悪影響も懸念されています。一説によれば台所洗剤と同じ成分で出来ているシャンプーも存在するのだとか・・・。怖いですね。

 

とにかく脱脂力が高いことは間違いが無く、頭皮の皮脂を必要以上に奪ってしまいます。そのため育毛には不向きな成分として一般的に認識されているようです。

 

ウーマシャンプーは石油系の成分は使われておらず、天然のアミノ酸系シャンプーです。毎日ケアするものですので、しっかりと知識を持って選びたいものです。

 

ちなみに石油系の成分として代表的なのがラウリル〜とかラルレス〜とかですね。詳しくはこちらのページで紹介されていますよ。※石油系合成界面活性剤

 

ただココまで話しといて言うのもなんですが、あまり気にしすぎるのも良くありませんね。成分とかにこだわり過ぎて過敏になると、何も使えなくなってしまいますからね。よっぽど喫煙とか紫外線のほうが危ないから、シャンプーの成分なんて気にするなって人もいます。専門家でなければ、ある程度のところで自分なりに線引きする事が大切かと思います。